123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-11-13 (Wed)

こんにちは
アクア店でごさいます

朝晩寒くなりましたねみなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は先日、鎌倉に行ってまいりました

鎌倉はまだまだ緑の葉っぱが元気に繁っていました
何でも本州では、最も紅葉時期が遅い地の一つらしいです。

鎌倉 

色々と美味しいものを食べたので
たくさん歩き、必死にカロリー消費しようとしましたが・・・
完全にプラマイプラスです



さて、今回はスピーチや余興の依頼についてです



依頼のタイミング

招待状を発送する前
に、まず電話や直接話をして打診しておきます。
新郎側・新婦側それぞれ2~3組ずつ程度が一般的です

承諾してくれた方の招待状に、メッセージカードや短冊を同封し
正式に依頼します

主賓や年配者にお願いする際は、招待状とは別に手紙で依頼すると
より丁寧な印象に



依頼の際のポイント

持ち時間を伝える
スピーチの場合は1人3分程度、余興は1組5分程度が一般的

披露宴の雰囲気を伝える
あらかじめ披露宴のイメージやテーマを伝え
顔ぶれなども考慮しながら、雰囲気に合ったものをお願いします

順番を伝える
特にスピーチは主賓祝辞か、余興としての時間帯かによって
用意する内容も違ってくるので、しっかりと伝えておいてください



心のこもったスピーチや楽しい余興
披露宴を温かく盛り上げてくれる大切な役目
丁寧な依頼を心掛けたいですね

スポンサーサイト
* Category : 披露宴
Comment : (-) * Trackback : (0) * |