12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-01-29 (Wed)
こんにちは
アクア店でございます

アクア店のとなりには100円ショップのセリアさんがあるのですが
すでにバレンタイングッズがた~っくさん並んでいます

そこでバレンタインチョコにまつわるちょっと興味深い話題が・・・
みなさまは彼への本命チョコにおいくら位かけられますか



日本の4割の女性はなんと平均1000円未満なのだそう
ちょっと意外ですよね~



さてさて。
前回は関東・関西の結納について書きましたが
今回は''結納品''について詳しく見てまいりましょう


結納品は、名前にも縁起のよい漢字が使われます


①長熨斗(ながのし)
あわびを干して長く伸ばしたもの。長寿の象徴。

②金包・御帯料・小袖料(きんぽう・おんおびりょう・こそでりょう)
結納金のこと。

③末広・寿恵広(すえひろ)
白の扇子。
純真無垢を象徴する純白。扇子は「末広がり」の意味を持ち繁栄を願う。
3品目の場合は以上の3点を用意する場合が多いです


④家内喜多留・柳樽(やなぎだる)
祝い酒のこと。
現代は祝いの酒料として、結納金の1~3割程度の現金を包むことが多い。

⑤勝男節・勝男武士・松魚料(かつおぶし・まつうおりょう)
鰹節のこと。男性のたくましさを象徴。
現在はお祝いの席の肴料として、結納金の1割程度を包むことが多い。
松と書くのは、鰹節の切り口が松の木の年輪に似ているため。

⑥指輪・優美和・結美和(ゆびわ)
婚約指輪のこと。婚約記念品。

⑦子生婦(こんぶ)
昆布。
「よろこぶ」や子宝に恵まれる意味が込められる。

⑧寿留女(するめ)
スルメ。
長期保存出来ることから、永久不変の意味がある。

⑨友白髪・友志良賀(ともしらが)
白い麻糸。主に関東式結納で使用。
「ともに白髪になるまで仲むつまじく」という意味が込められる。


⑩高砂人形(たかさごにんぎょう)
翁と姥の人形。主に関西式結納で使用。
意味合いは⑨と同じ。

お品ひとつひとつに、きちんと意味が込められていますね
結納品店などでは3点で約3万円前後からお求め頂けるそうです。


次回のアクア店のブログは
''結納の服装''について書きたいと思います

スポンサーサイト
* Category : その他
Comment : (-) * Trackback : (0) * |