123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-03-12 (Tue)
こんにちは

前回婚姻届についてお話しましたので今日はそれに関連して諸手続きについてお話していこうと思います

婚姻届を出すとお嫁さん、もしくはお婿さん側の苗字が相手の苗字に変わりますよね
それに伴って銀行口座・クレジットカード・パスポート・運転免許証・生命保険などの氏名・住所の変更手続きをしなくてはなりません

様々な所に行って手続きをしなければいけないので、まずは必要な手続きをリストアップし、必要な書類を手配していきます
そしてそれぞれ該当の場所に行って手続きをしていきます


銀行口座の手続き銀行口座の場合、住所変更だけなら電話やインターネットでも手続きが出来ます
氏名変更は通帳 本人確認書類 新旧の届出印を持って直接銀行の窓口に行き手続きをします
ネットバンクの場合申請書類を入手し郵送することで手続き出来ます

クレジットカードの手続き
電話またはホームページで申請用紙を取り寄せ、必要に応じて運転免許証などの本人確認書類のコピーと一緒に郵送します
新カードが届くまでは旧姓のカードが使用できますが、ハネムーンの時などに新姓のパスポートで海外に行くのであれば旅行までに新姓のカードが届くよう早めに手配をしておいたほうが安心です

パスポートの手続き
有効期限内のパスポートがある場合は訂正するパスポート 戸籍謄本1通を持って、新規発行もしくは期限切れの場合は上記2つに加えて証明写真(45mm×35mm) 本人確認書類を用意して旅券窓口で手続きをします
ハネムーンに行く予定がある場合は航空券とパスポートの名前が違うと搭乗出来ないので、新姓と旧姓のどちらで航空券を手配するかによって変更手続きをいつするか決めておいたほうがいいかもしれません

運転免許証の手続き
氏名・住所の変更は住所を管轄する運転免許試験場や警察署の運転免許課に運転免許証 新住所の住民票を持っていき手続きをします


婚姻届を提出してから新姓の戸籍謄本・住民票を手配出来るようになるまで時間がかかるので、必要書類は何が必要でいつまでに手配しなければいけないかしっかり
リスト化して計画的に手続きしていくといいと思います
スポンサーサイト
Theme : 結婚準備 * Genre : 結婚・家庭生活 * Category : 手続き
Comment : (-) * Trackback : (0) * |