12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-18 (Sun)
お久しぶりです
今日は段原ショッピングセンター店より更新です

演出の1つとして「お子様」にお手伝いをしてもらう
微笑ましい演出が幾つかありますので、そちらの
ご説明をしようと思います

挙式


フラワーガール 
    新婦の前に立って花びらをまき、バージンロードを清める役
   (花びらの香りには、清めの効果があるといわれている。) 
リングボーイ(リングベアラー) 
    結婚指輪(リングピロー)を祭壇まで運ぶ役。
    7~8歳位の男の子がぴったりと言われていますが、 
   年齢・性別に拘る必要はなく、女の子が行っても可愛いです
   女の子がリングを運ぶ役を行う際には、リングベアラーと呼ばれます

ベールガール(トレーンベアラー)
     新婦のベール(またはトレーン)を持つ役。

披露宴



花束を渡してもらう

中座のときの先導役

余興

とても微笑ましい演出ですが、小さすぎる子供だと役割を果たせないことも・・・
ベールガールがベールを引っ張りすぎて新婦が転びそうになったり。
大切な結婚指輪を落としてしまったり。土壇場になって泣き出す子がいたり。
しかし、ある程度のハプニングは愛嬌のうちです


結婚式という厳かな雰囲気の中で、新郎新婦はもちろん、
参列されるゲストの方も緊張している中、お子様の存在は
会場の雰囲気を和やかなものにしてくれるでしょう

お仕事を任せたお子様へはご褒美でプレゼント
用意されると なお喜ばれると思います


お子様にとっても素敵な記憶に残る様、お仕事を任せてみるのは
いかがでしょうか


スポンサーサイト
* Category : その他
Comment : (-) * Trackback : (0) * |