123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-03-11 (Wed)
こんにちはアクア店でございます

昼間はコートがいらないくらい暖かかったり
かと思えば、急に冷え込んだりと気温差の大きい日が続きますね
昨日なんて雪がちらほら・・・

みなさま体調管理にはお気を付けくださいね~


さて今回は、婚礼和装にも多く用いられる伝統的なおめでたい模様
''吉祥文様''に注目したいと思います


鶴文様(つるもんよう)
「鶴は千年、亀は万年」といわれますね
おめでたい象徴とされ、花嫁衣裳にも多く用いられます

花車(はなぐるま)
平安時代の貴族たちが乗っていた牛車に花を積んだ花車
様々な花をあわせるため、季節を問わず幅広く使われる古典模様です

雲文様(くももんよう)
雲のたなびく様子を表した文様
雲に鶴を添えた、雲鶴文様もよく使われます

波頭(なみがしら)
小波、大波などさまざまな波の表情を表しています
千鳥や鶴をあしらった、風景文様にもよく見られます

蝶文様(ちょうもんよう)
昆虫の図柄が少ない着物の模様ですが
は平安朝の時代から用いられているそうです
ラッキーモチーフとして、会場コーディネートにもよく使われています


今回はこのあたりにて
次週アクア店の記事の「モヨウ ノ コト ②」に続きます

スポンサーサイト
* Category : 衣裳
Comment : (-) * Trackback : (0) * |