12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-03-16 (Wed)
 皆さんこんにちは パルコ店のOです

だんだんと気温も上がり春が近づいていますね

私は今月、京都旅行に行くことが決まりワクワクしています
京都の美味しいものをたくさん食べてきたいと思います


さて、本日は海外挙式へゲストを招待する時のマナーについて

  

もし海外にゲスト例えば親族の方や友人の方を招待する
となった時、ゲストの皆様への気遣いのポイントがいくつかあります
今日はそのポイントをご紹介します


ゲストの皆様へは挙式の4~5ヶ月前までにお声がけをし
  2、3ヶ月前には招待状を発送する

海外は、往復に時間もかかり数日間スケジュールを空けて頂く必要がありますので
招待したいと思う方には早めにご連絡しましょう!


料金負担を明確に提示

料金をどこまで負担するかも早めに連絡しておきましょう!
ゲストに旅費を負担して頂く場合は、ご祝儀を辞退するのがマナーとされています!


ドレスコードを決める

ハワイなどの南国リゾート系ではアロハシャツや、ムームーを着用するゲストが多いみたいです!
そのあたりも担当の方としっかりとお話し、決めておきましょう!
Tシャツや、ジーンズ、スニーカーなどカジュアル過ぎるものはNGとされています!
 

女性ゲストへはヘアメイクの気遣いを

国内ではゲストが自身で予約することが多いですが、海外の場合はヘアメイクを手配してあげたり、
新婦様の料金よりもリーズナブルな為、「来てくれたお返し」としてプレゼントされる方もいるみたいです!


帰国後も、ゲストの皆様へのお礼を忘れない

式が終わったからといってそのままにするのではなく、海外まで来てくれたゲストの皆様には
お電話やお手紙などお礼をきちんとお伝えすることが大切です!


このようにゲストの皆様へもたくさんの気遣いが必要となってきます
ぜひ海外婚をお考えの皆さんは参考にしてみて下さいねっ


次回はリゾート婚についてのお話ですお楽しみに~


拍手お願いします
 
スポンサーサイト
* Category : その他
Comment : (-) * Trackback : (0) * |