123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-05-29 (Sun)
皆さんこんにちは
ゆめタウン広島店です

さて今回は、「ジューンブライド」の意味について

そもそもジューンブライドとは、「6月に結婚式を挙げる花嫁
または6月に結婚式を挙げること」を意味します。
6月に結婚式をすると生涯幸せになれる、とよく言われていますが、
その由来を皆さんご存知でしょうか?

諸説ありますが、大きく分けて3つ

女神ジュノー説
ギリシャ神話に出てくる女神ジュノーは、女性と結婚の守護神であり、
実はジュノーがつかさどる月が6月であることから、欧米では6月に式を挙げると
幸せになれると言い伝えられている。

結婚解禁説
昔のヨーロッパは3~5月が農作業の1番忙しい時期でした
そんな時に結婚式をしている場合ではない!とのことで結婚が禁止されていたそうです
結婚が解禁になった6月に皆が結婚式をする為、結婚ラッシュが起こり、
皆が祝福してくれる6月に結婚すると幸せになれるという説。

気候が良いから説
この3つの中で一番簡単な理由ですが、ヨーロッパは6月が一番天候が良い季節になります
その為、結婚式を挙げるカップルが多くなるというもの。


せっかくのジューンブライドですが、日本では梅雨の時期にあたる6月なので、
結婚式を挙げるには少し躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・?
 
しかし屋内だと心配もいりませんし、雨の日に結婚すると幸せになれるという
ジンクスもあります!
たくさんの幸せがある6月挙式を検討されてみるのも良いかもしれませんね!


次回は「ブーケトス」についてです!お楽しみに!


拍手お願いします
スポンサーサイト
* Category : 豆知識
Comment : (-) * Trackback : (0) * |