123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-08-12 (Fri)
  みなさまこんにちは
廿日市店Hです

オリンピックが盛り上がっていますね
日本勢も続々とメダルを獲得しているので、
興奮冷めやらぬ日々を過ごしております

昨日は宮島水中花火大会でしたね
ゆめタウン廿日市も屋上で縁日しており、浴衣のお客様で賑わっていました
そして私も、花火大会へ行ってきましたよ~
とても圧巻でした
 IMG_0553.jpg
 

本日は和装の種類についてです
日本らしく和装を着て結婚式も素敵ですが、
和装も色々な種類があって迷われる方も多いですよね

花嫁の衣装となる和装はだいたい以下の3つです

【白無垢】
神前式で一番よく見かける和装です。
真っ白な衣装で、「嫁ぎ先の家の色に染まる」と言われています
白無垢に綿帽子も、日本ならではの結婚式の姿で素敵ですよね

また、白無垢以外にも、「黒無垢」「赤無垢」というものもあり、
黒無垢は、白無垢とは対照的に「嫁ぎ先の家の色にすでに染まっている」
赤無垢は「祝いの色に染める」という意味があります。

【色打掛】
「赤=朱色」は魔力に強くけがれを祓う日本の伝統の色
とされており、赤の色打掛は人気です!

色打掛は技法(「刺繍」「工芸」)なども施されており、
華やかなものが多く、会場の雰囲気も一気に華やかになります

柄によって格式が違ったりと、奥が深いんです

【振袖】
明治から昭和初期まで最も着られていたのが黒の引き振袖です。
角隠しをつけて挙式するのもとても人気です!!
振袖は何といっても豪華な帯がポイントです。


和装を着て結婚式をお考えの方、少しでも興味がある方は
ぜひ参考にしてください


衣裳割引紹介も広テレ!ブライダル情報センター各店でご案内致しますので、
お近くの店舗までぜひお気軽にご来店下さいませ

拍手お願いします




スポンサーサイト
* Category : 衣裳
Comment : (-) * Trackback : (0) * |