12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-12-02 (Fri)
皆さま こんにちは
廿日市店のHJです

あっという間に12月になってしまいましたね~
今年も残すところあと1ケ月。
歳のせいか、年々1年が経つのが早く感じます

さて本日は、
キリスト教式の「カトリック」と「プロテスタント」の違い
についてお話ししようと思います

皆さん、それぞれ何が違うかご存じですか

キリスト教には、大きく分けて「カトリック」と「プロテスタント」という
二つの宗派があります。


カトリックとは…
カトリックは、ローマ教皇(法王)を中心としたキリスト教最大の宗派です。
カトリックの場合は、結婚する二人のうち、少なくとも一人が
カトリックの信者でないと結婚式が出来ません

また、初婚であること式を挙げるための条件の一つです。
ただし、前の夫もしくは妻と死別している場合は再婚でも大丈夫なケース
もあるようです。
式をすすめてくれるのは「神父」で、バージンロードの色は「赤」や「緑」
です。
祭壇には、十字架にかけられたキリストの像が掲げてあります。

  


プロテスタントとは…
プロテスタントとは、中世の宗教改革でカトリックから分かれてできた
宗派です。
プロテスタントの場合は、結婚式をあげるのは信者でなくてもOK。
礼拝や勉強会(講習)に参加したあと、教会から認められれば
挙式が出来ます。

式を進めるのは「牧師」で、バージンロードの色は「白」です。
祭壇の十字架にキリスト像がついていないのも特徴です。

 


街の「教会(チャーチ)」で挙式をする際には、カトリック・プロテスタントどちらの
場合にも、
結婚式の前に講習を受けることが多いようです

また、ホテルや結婚式場の「チャペル」なら、カトリックか
プロテスタントかは関係ありません。
「チャペル」はあくまで「教会型の結婚式場」なので、
信仰がなくても、誰でも教会式をあげることが出来る!
ということです。

カトリックとプロテスタントの違いをご理解頂けたでしょうか
儀式の意義やマナーをしっかり理解して、ゲストの心にも残る素敵な
セレモニーにしてくださいね

挙式に関することはもちろん、結婚式に関することなら何でも
広テレ!ブライダル情報センターにご相談、お問合せ下さいませ。

拍手をお願いします
スポンサーサイト
* Category : 挙式
Comment : (-) * Trackback : (0) * |