12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-02-22 (Wed)
こんにちは
ゆめタウン広島店のIです ◝( •௰• )◜


本日は、結婚式に参加するお子様連れのゲストの気配りポイントについてご紹介致します


仲の良い友人に赤ちゃんが生まれた!というケースもあるでしょう
ひとりで出席するにも子どもを預ける手配が必要になり、
「出席がむずかしい」というケースが起こることも・・・

また出席出来ても、子連れでの出席はゲスト自身にかなりの気を遣わせます。
子連れゲストを招待する際、お2人が次のような配慮や準備をしておくと
とても安心されると思いますよ(*'∀'人)!!!


1.席の位置とベビーベッド

ぐずったり、授乳が必要だったり、あるいは寝かせ付ける必要がある場合も・・・
そうすると席を立たなければなりません
出入りしやすい場所など、周りに気兼ねしない「席」を用意しましょう!
そして、食事を楽しんでもらえるように「ベッド」や「ゆりかご」を会場で
手配することをオススメします(⋈◍>◡<◍)。✧♡。


授乳室や別室

披露宴の途中で授乳時間になることがあります。
特に母乳の場合、他のゲストもいるなかでの授乳は難しいです><
そのようなときに授乳室や別室の用意があると助かります。

また、ミルクの場合には、いつでも調乳できるように、お湯などの用意してあげると親切です
会場側に相談してみましょう



2.子ども用の食事

小さなお子さんは、大人と同じ味の料理に慣れていないものですし、
まだ食事を口にできない月齢の子もいるかもしれません。
飲み物の配慮やアレルギー対応も必要になるでしょう
までは個別対応をしてくれる会場が増えていますし、
また子ども用のメニューを用意しているところもありますので、
事前にプランナーや会場スタッフにお伝えしておきましょう(◍•ᴗ•◍)!!!



3.子ども用のカトラリーとキッズコーナー

小さなお子さんの食事には、子ども用のスプーンやフォークをはじめ、
食べこぼし対応のナプキンやウェットティッシュが必須です!

少し大きくなったお子さんは、なかなかじっと席に座っていてはくれないかもしれません。
大人の環境に入るのですから、落ち着かないのも仕方ないでしょう

  • テーブルにおもちゃを用意してあげる
  • 会場の隅にキッズコーナーを作っておく

と、意外と落ち着いてすごしてくれるものです。

最近では、子連れゲストへの対応が細やかな会場が増えてきています。

また、会場によっては、託児施設が併設されているケースもあるようです。

子連れでの出席を決意してくれたゲストに対して、少しでも気兼ねなく楽しんでもらえる環境を、
会場と相談しながら用意できるとお子様連れのゲストの方も喜ばれるかもしれませんね!


拍手お願いします。


スポンサーサイト
* Category : その他
Comment : (-) * Trackback : (0) * |